top of page
Stationary photo

自主プログラム

ポジティブ・ディシプリン®︎以外にも、子どもの権利の尊重や虐待が起こりにくい社会づくりのために、プログラムを共同開発しています。

01

子どもの権利プログラム

対象人数:特になし

ファシリテーター:1名

時間:60分間

内容:人権の中でも『子どもの権利』が明文化される背景に触れ、日本の子どもの権利における日本の現状を考える機会を提供します。​

プログラム参加者のアンケート結果

2019年に生活協同組合パルシステム東京様の保育制度に関わる委員の方はじめ保育スタッフの方など向けに、『子どもの権利プログラム』を提供し、アンケートのご協力を頂きました。

アンケート結果をご報告をします。

01_1. 参加前の状況

スクリーンショット 2024-01-09 17.32.39.png

02

市民向け子ども虐待対応
プログラム

虐待の一次予防を目的とした養育者支援プログラムへの社会的投資を促すため、効果検証を行い、社会へ発信しました。

2022年_市民向け虐待予防プログラム.jpg
bottom of page